内藤美加子が

<< Go Back

トレーナー

オーストラリア、ゴールドコーストの臨床心理士 内藤美加子が、マインドフルネス統合認知行動療法(MiCBT)と出会ったのは、2010年に軽い気持ちで受けたセミナーがきっかけでした。MiCBT が症状軽減だけではなく人生そのものを変えていくさまを体験し、深い感銘をうけてMiCBT の創始者であるブルーノ・カイユン博士に直接師事してトレーニングを開始。MiCBTのコースを全て終了し、MiCBTインスティチュートから準修士を取得したのは2013年でした。また、日本人クライアントも正しくMiCBTを習得できるように、カイユン博士の指導のもとMiCBTのトレーニングオーディオガイドやワークブックの和訳を手がけました。かたわらで、日本でのMiCBTの普及に向けて、臨床心理士の馬見塚珠生氏とMiCBT 日本研究会を設立し、2014年より心理士などを対象に主に近畿地方でワークショップやトレーニングコースを開催しています。

 Mikako Naito is a clinical psychologist in private practice on the Gold Coast, Australia. She has specialised in Mindfulness-integrated cognitive Behaviour Therapy (MiCBT)since she started her MiCBT training in 2010. Having experienced firsthand how MiCBT can change lives, she undertook further training with Dr Bruno Cayoun, the principal developer of MiCBT, and completed the Graduate Diploma of MiCBT in August 2013. For over two years, under the guidance of Dr Cayoun, Mikako undertook the formal Japanese translation of the original mindfulness practice audio instructions used in MiCBT and much of the written material. She has been teaching MiCBT to psychologists and other mental health professionals in Japan since 2014. Mikako is the co-founder of the Japanese MiCBT Study Group and aspires to expand MiCBT in Japan.