News

Stress Reduction and Mindfulness - UTAS

Wednesday, July 12, 2017
Starting Monday! A great opportunity to learn about different methods to reduce stress.
The mindfulness modules are taught by Dr Cayoun, with other modules taught by experts in their field.


Learn to stress less.

Stress Reduction and Mindfulness is a unit offered within the Associate Degree in Health and Community care. It will introduce students to the principles of stress reducing practices including mindfulness, gratitude, positive psychology, goal setting, creativity, physical exercise and conflict resolution through a series of learning tasks and practical exercises. Activities based on these principles have been shown to reduce stress, anxiety and depressive symptoms, increase resilience, enhance cognitive performance (e.g., concentration and memory), improve study and work performance and overall wellbeing. Students will learn key skills to better understand stress triggers and learn to manage stress more effectively.


icon-PCOnline: Stress Reduction and Mindfulness is a fully online unit to enable flexible study.


icon-PCHECS scholarships may be available: This means for eligible domestic students you will not be charged tuition fees for undertaking this unit. Students may also be eligible for a SSAF exemption. *For full terms and conditions please view the Fees and Scholarships page.

Unit Objectives

On successful completion of this unit you will be able to:

  • Apply knowledge of the role and value of stress reduction research and practices in promoting the health and welfare of individuals and communities.
  • Retrieve and apply evidence from a range of sources to critically evaluate the impact of stress reduction practices on health.
  • Document, evaluate and reflect on your experience applying stress reduction techniques in a personal healthcare context.

To take advantage of this opportunity students will need to be enrolled in the Associate Degree in Health and Community Care. After completing Stress Reduction and Mindfulness, the opportunity exists to undertake further units within the Associate Degree in Health and Community Care. Students undertaking units within the Associate Degree in Health and Community Care are eligible for a HECS Scholarship and SSAF exemption on a maximum of two eligible units. Eligible units can be viewed here.


MiCBT for Trauma Half Day Workshop CCLP Handout

Sunday, July 02, 2017

Here is the pdf of Dr Bruno Cayoun’s presentation slides for psychologists who attended his specialised workshop (MiCBT for Trauma) at the Annual Conference of the APS’ College of Clinical Psychologists, on Sunday 2 July.

Corporate Mindfulness: A Synopsis of Critical and Constructive Approaches

Sunday, June 04, 2017
A must watch for all mindfulness therapists and teachers!

主催 MiCBTインスティチュート日本支部

Wednesday, May 24, 2017

主催 MiCBTインスティチュート日本支部

マインドフルネス統合認知行動療法 MiCBT

2日間入門ワークショップ & 臨床実践基本コース

受講者募集

 

 2014年より開催されているMiCBT の2日間ワークショップとウェブ会議ソフトを

使ったコース第4弾目。

 オーストラリアのMiCBT Instituteブルーノ・カイユン博士の許可の元、内藤美加子

先生によるトレーニングコースを2つ実施することとなりました。

 「2日間入門ワーク・ショップ」と、そこで学んだことを実際に体験したい方のための「臨床実践基本コース」です。今回は東京での開催です。ご関心のあるみなさん、

ぜひMiCBTを一緒に学びましょう。

MiCBTインスティチュート日本支部 事務局長 馬見塚珠生

 

MiCBT 2日間入門ワーク・ショップ

MiCBTの論理的根拠や基本的なテクニックを学ぶワークショップです。

                2017715日(土)& 16日(日) 10時~17

ところ         オムソーリ御茶ノ水 https://liva.co.jp/about/map02.html

       東京都文京区本郷2-3-7 お茶の水元町ビル1

最寄駅:         JR中央線水道橋駅東口より徒歩7分、JR中央線御茶ノ水駅より徒歩8

受講料        30,000

          25

参加資格:医師、臨床心理士、精神保健福祉士等メンタルヘルス専門職

 

MiCBT 臨床実践基本コース

MiCBTを実際に体験し、将来臨床現場でも活用したい方のためのコースですMiCBT2日間入門WSで学んだ知識をもとに、9回分のビデオ会議システムZOOMによるグループ・セッションを行います。

                2017730日,86日,13日,20日,27日,

93日, 10日,17日,101

いずれも日曜日10時~12

受講料        50,000

          10名(先着順とさせていただきます)

参加資格:医師、臨床心理士、精神保健福祉士等メンタルヘルス専門職

 

MiCBT2日間入門WSを履修された方のみ受講いただけます。

MiCBT Instituteの規約により、2日間入門WSの履修だけではMiCBTを患者さんに適用することはできません。必ず、9回分のグループ・セッションを修了後、臨床実践応用コースあるいは個人的にスーパービジョンを受ける必要があります。なお、ズームによるグループ・セッションは、全日程への参加が必要です。

 

申し込み方法:

MiCBTインスティチュート日本支部までメールにて ご希望のコース ご住所 お名前 お電話番号 ご所属 メールアドレス 臨床心理士の方は臨床心理士番号(資格継続研修ポイント申請予定)を明記の上、お申込みください。

申し込みメールアドレス:micbt.nihon@gmail.com

申込み期日:20177月2日() 【定員になり次第〆切らせていただきます】


MiCBT (マインドフルネス統合認知行動療法)とは?

詳細はMiCBT  Institute公式HPで!http://www.mindfulness.net.au/

 

アメリカやオーストラリアでは主流の心理療法である認知行動療法と、ビルマの伝統的な瞑想法ヴィバッサナー瞑想に基づいたマインドフルネスを、理論的にも実践的にも完全統合させた心理療法です。

·      「思考が体に感覚を生み、そしてその感覚に対する反応が心理的苦痛を生み維持する」という思考・感覚の共発生モデルを基盤とし、マインドフルネス瞑想の練習を使ってその反応をなくしていくというのが原則。従って、うつからパーソナリティ障害にいたるまでの多種多様とされているさまざまな心理的疾患も、全て「感覚に対する反応である」という共通点を通して治療してゆけます。うつ、不安、PTSD,慢性疼痛等への治療効果が実証されてきています。



ブルーノ・カイユン博士(臨床心理士)

MiCBT (マインドフルネス統合認知行動療法)主要開発者
MiCBT
インスティチュート代表取締役

インドやネパールなどのマインドフルネスセンターで、1989年よりマインドフルネス瞑想の集中的修行をする。オーストラリアのタスマニア大学で臨床心理学を学ぶ傍ら、マインドフルネスと認知行動療法を統合させてMiCBTを開発。2003年より心理士などの援助職従事者を対象にMiCBT の指導にあたる。現在ではニュージーランド、香港、シンガポール、カナダやアイルランドなどでもMiCBT の教習に携わる。また、オーストラリア内外の大学と連携してマインドフルネスの研究も常時進めている。

主な著書:

MiCBT-Principles and PracticeWiley-Blackwell,2011
MiCBT for Well-being and Personal growth
Wiley-Blackwell,2014




内藤 美加子先生(臨床心理士)

MiCBT  インスティチュート認定心理士

大阪出身。オーストラリアのクイーンズランド工科大学とグリフィス

大学で認知行動療法を学ぶ。臨床心理学修士。自閉症スペクトラムの

権威トニー・アトウッド教授のマインズ&ハーツクリニック勤務や、

個人心理クリニックの経営を経て、現在はゴールドコースト南部の

リビングウェル心理クリニックに勤務。2010年よりブルーノ・カイ

ユン博士にMiCBT を学び、2013年に準修士を獲得。MiCBTを主な療法として幅広い患者層に心理治療を施す傍ら、心理士などを対象にMiCBT の指導にも携わる。




 

MiCBT  InstituteHP を内藤先生が日本語に翻訳されています。

http://www.mindfulness.net.au/all-micbt-products/mindfulness-training-mp3-file-jp


Mindfulness and Neuroplasticity explained simply

Friday, April 07, 2017